” ムエタイ ” が打倒K-1を果たした日

” ムエタイ ” が打倒K-1を果たした日

2004年7月7日 東京・代々木競技場第一体育館。 すでに17年以上も経過した古い話で恐縮ですが、この7月7日は私やムエタイ界にとって、非常に重要な日となりました。 『K-1 WORLD MAX』 当時、大人気を誇った魔裟斗選手を中心に、世界中から集まった70kgクラスの強豪たちが世界一の座を競い、熱い闘いを繰り広げていました。 第一回の2002年大会では、”生ける伝説”...

Read more

ムエタイ引退後の人生色々…

ムエタイ引退後の人生色々…

ほとんどのムエタイ選手らが幼少の頃からムエタイ中心の生活を始めますが、ある程度の年齢になってくれば、自ずと”引退”という現実が押し寄せてきます。 ムエタイ選手たちの引退後の人生は⁉︎ もちろん職業選択は自由なので様々な選択肢が無限にあります。 今回は数パターンのケースを紹介していきたいと思います。 ■ムエタイトレーナーとして...

Read more

KILAA MUAY王座決定トーナメント!

KILAA MUAY王座決定トーナメント!

  7月25日に開催され、ムエマラソン(1dayトーナメント)にて認定王者が誕生したKILAA MUAYですが、 11月21日(日)に再び開催されます。(@ゴールドジム大森) ©️KILAA MUAY 前回の大会同様に、王座決定トーナメントを開催。 今回の11月大会ではジュニア二階級、一般男子二階級の計4階級にて認定王者が誕生となる予定です。 ©️KILAA MUAY 王者の腰に巻かれるKILAA MUAYチャンピオンベルト。...

Read more

新鋭がタイトル獲得!

新鋭がタイトル獲得!

  ゲーオサムリットジム所属のスアマニー・ゲーオサムリットが、S-1 スーパーフライ級王座を獲得しました。   ■2021年10月30日(土)パトゥンタニ県ノックフーク2特設会場 S-1 スーパーフライ級王座決定戦(115lbs) ○スアマニー・ゲーオサムリット(タイ) VS 判定3-0 ×ルンラウィー・アチャリヤプラディット(タイ) ©️MUAYSIAM ©️MUAYSIAM...

Read more

11月より隔離なしでタイ入国が可能に!

11月より隔離なしでタイ入国が可能に!

ニュース報道などで既にご存知の方も多いかと思いますが、2021年11月1日より、日本を含む46ヵ国からのタイへの渡航に際して、隔離なしで入国可能となることがタイ政府より発表されました。(ワクチンパスポート、PCR検査などの諸条件あり) 夜間外出禁止令も10月31日付けで解除となり、深夜の外出も可能となります。 発表はされていませんが、アルコール飲酒の規制も緩和されていくのでは?と予想されます。 (10月1日よりプーケット島では午後10時までのレストランでの店内飲酒が可能...

Read more

テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」出演

テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」出演

2021年10月17日(日) 12:00からテレビ朝日にて放送された「ビートたけしのTVタックル」にイングラムジム代表の鈴木秀樹が、タイ・バンコクからのリモートインタビュー収録で出演いたしました。 ©️テレビ朝日 昨年の2020年7月12日、10月4日にも同番組に出演しており、今回で3回目の登場となりました。 今回の放送はタイのコロナウイルス状況、11月からの開国に向けての現状リポートとなりました。  ...

Read more

ムエタイ推進大臣!

ムエタイ推進大臣!

タイ国法務省の現大臣は、ソムサック・テープスティン氏ですが、ソムサック大臣は昔からムエタイを支援してくださっているムエタイを愛する大臣です。 法務大臣のみでなく、今までにはタクシン政権時代にも副首相を始め、労働大臣、観光スポーツ省大臣、産業大臣、保健大臣などを歴任してきています。 自身の氏名がリングネームになっている選手もいます。 WPMF世界王者として岡山県倉敷市で防衛戦をしたノーンビィウ・ソー.テープスティンもその一人です。...

Read more

いよいよムエタイ興行が再開!

いよいよムエタイ興行が再開!

  タイ国内の新型コロナ(Covid-19)新規感染者は連日1,400~1,500名と相変わらずの感染者数ですが、タイ政府は9月に入ってから、一部規制緩和を実施しています。 (屋外スポーツ施設の開放や店内飲食可能など) ※夜間外出禁止令は継続中。 長い期間、開催されていなかったムエタイ興行もバンコクではない地方都市や屋外での開催などが次々と発表されてきています。...

Read more

殿堂スタジアムの有名プロモーターが逝去

殿堂スタジアムの有名プロモーターが逝去

タイで一番古い歴史を持つ殿堂スタジアムのラジャダムヌンスタジアム公認プロモーターであり、チューワタナジムの会長である”アンモー”ことチューチャルーン・ラウィーアラムウォン氏が、コロナ感染から約2ヶ月間の入院の後、2021年7月29日に亡くなりました。享年78歳 長年、日本の格闘技界と深い繋がりがあり、お世話になった日本のムエタイ ・キック界の方々は数多く、”アンモーさん”の愛称で各関係者から非常に慕われておりました。...

Read more

ムエタイがオリンピック競技に! ?

ムエタイがオリンピック競技に! ?

ムエタイがオリンピック競技に⁉︎ 色々と物議を醸している東京オリンピックですが、 7月20日から開催された第138次IOC(国際オリンピック委員会)総会にて、ムエタイが正式競技と承認されたとの報道がありました。 5年前の2016年12月には、すでにアマチュアムエタイの国際連盟であるIFMAがIOCの承認団体として暫定的に認められていましたので、今回は正式にIFMAがIOCの承認団体として認められた形になります。...

Read more

スーパーファイト仕様チャンピオンベルト!

スーパーファイト仕様チャンピオンベルト!

5月8日(現地時間)にアメリカ・テキサス州 AT&Tスタジアムで開催されたボクシング世界スーパーミドル級3団体統一戦のビリー・ジョー・サンダース(イギリス)VS サウル “カネロ” アルバレス(メキシコ)ですが、WBO世界王者のサンダースを破ってカネロに贈呈されたWBOのチャンピオンベルトは、タイで制作されたベルトです。 本物のダイヤを使用し、両選手のシルエットをサイドプレートに刻印しました。 ※現地に送られる前の実物のチャンピオンベルト写真です。...

Read more