KO負け後に緊急搬送…繰り返されるリング禍

KO負け後に緊急搬送…繰り返されるリング禍

7月15日、FIGHTER Xで行われたアントニー・TFCジム(フランス) VS パーンペット・パドゥンチャイムエタイジム(タイ) 戦にて事故が発生しました。 FIGHTER Xは、最初の2Rはパンチのみのボクシングルール、3R目からムエタイルールという特殊なルールで始まった新イベントです。 最終ラウンドの5R、アントニーの回転肘が炸裂し、パーンペットはダウンと同時にリングに頭を打ちつけ失神。 すぐに病院に搬送されましたが、意識不明のまま現在、脳死状態とのことです…...

Read more

“名門ジム”と称される所以

“名門ジム”と称される所以

  2022年5月12~23日にベトナムにて開催された第31回シーゲームズ(SEA GAMES)にて、アマチュアボクシングで見事に63kg級の金メダルを獲得したソムチャーイ・ウォンスワン選手が、ゲーオサムリットジムのアナン会長、会長夫人を訪ねてきました。 ©️Thairath...

Read more

ラジャダムヌン創設77年目の大変革!

ラジャダムヌン創設77年目の大変革!

  タイで一番最初に創設されたムエタイ・ボクシングスタジアムであるラジャダムヌンスタジアム(Rajadamnern Boxing Stadium/1945年設立) その歴史ある殿堂のスタジアムの創設から、77年目にして大きな変革が発表されました。2022年7月22日の興行にて、創設以来、初めて女子選手がラジャダムヌンスタジアムのリングに上がります。 ※8月5日に変更。...

Read more

WPMF世界タイトルマッチ@仙台

WPMF世界タイトルマッチ@仙台

2022年6月26日に仙台で開催された、聖域プロモーション主催のHARD CORE SANCTUARY 2022 -1st- メインイベントのWPMF世界女子ピン級タイトルマッチは、王者の田中 “暴君” 藍選手が、タイからの挑戦者 カオスアイ・ポー.コーブグア(タイ/同級6位)を終始圧倒し、初防衛に成功。各メディアの取材が入り注目されるプレッシャーの中、強さを見せつけてメインイベントを締めました。...

Read more

タイ国プロムエタイ界の重鎮

タイ国プロムエタイ界の重鎮

タイ国でのプロムエタイ、プロボクシング競技を統括する タイ国プロムエタイ(ムエスポーツ)協会 (The Professional Boxing Association of Thailand / 略称:PAT)ですが、発足からは65年もの歴史を誇ります。そのプロムエタイ協会で30年以上の長きに渡って総裁を務めてきたソムチャート・ヂャルンワチャラウィット氏を今回紹介いたします。...

Read more

微笑みの国のゴッドファーザーと呼ばれた漢

微笑みの国のゴッドファーザーと呼ばれた漢

  日本は6月19日に東京ドームにて開催されるTHE MATCHが大きな話題になっているようですね。 頂上対決の那須川天心vs武尊が注目されていますが、試合まであと3週間という時期にフジテレビでの地上波放送の中止が発表されるといったニュースにより、ファンや関係者の間で様々な憶測が囁かれ、取り沙汰されています。 THE...

Read more

女子ムエタイ界の名伯楽!

女子ムエタイ界の名伯楽!

各スポーツ競技において、女子選手の活躍がその競技の人気、普及の鍵を握っているケースが多いですが、ムエタイ界も例外ではなく、女子ムエタイ選手たちの活躍が一般の方々に響き、影響力は決して小さくないと感じます。 最近ではスタンプ・フェアテックスが大活躍しており、彼女に憧れてムエタイを始める女子もいるのではと思います。 今回は10年以上の間、女子ムエタイの普及に貢献してきた人物を紹介したいと思います。 プームハタイ・マイケーオ氏(ニックネーム:レック氏 / 54歳)...

Read more

元ラジャダムヌン1位ダーウサミンの今

元ラジャダムヌン1位ダーウサミンの今

イングラムジムで大活躍したダーウサミン・イングラムジム。ラジャダムヌンスタジアムのバンタム級1位を長期間維持していました。WPMF世界スーパーフライ級王座も獲得しています。(2007年9月1日戴冠) ラジャダムヌンスタジアムのバンタム王座にも挑戦しましたが判定負け(VS ガーイヤシット・チューワタナ)。殿堂スタジアムの王座獲得は成りませんでしたが、その後も激戦の連続でスタジアムを盛り上げ人気選手となりました。ピンチになってからが強く、逆転勝ちが多かったです。ハートの強さはピカイチでした。...

Read more

強豪選手育成に欠かせないタイ人トレーナー

強豪選手育成に欠かせないタイ人トレーナー

  ムエタイを引退、もしくはセミリタイヤしたムエタイ選手が、海外でのトレーナーとして渡航する例は多々あり、日本以外にも多くの国へ渡っています。 ムエタイを指導するタイ人トレーナーを日本に招聘して、所属選手の強化をしているジムもかなり増えたかと思います。 日本の代表的な強豪選手らが所属するムエタイ 、キックボクシングジムではタイ人トレーナーが常駐しているのが普通になってきていますね。...

Read more

元所属選手・トレーナーの表敬訪問

元所属選手・トレーナーの表敬訪問

イングラムジムの所属選手で、トレーナーとしても勤務していたダーウサワイ・イングラムジム(ビー)が、同じくイングラムジムトレーナーとして長く勤務していたルッーチャイレック(サー)トレーナーと訪問してくれました。 設立20周年ということもあり、プレゼントを持参してくれて、近況を報告してくれました。...

Read more

ジム設立から20周年を迎えて

ジム設立から20周年を迎えて

2002年の2月にスクムビット Soi49にてイングラムジムはオープンしました。(正式オープンは3月22日) 当時の正式名称は、INGRAM MUAYTHAI & MARTIALARTS ACADEMYでした。 2022年の今年で丸々20年。 2002年ジム設立当時 (©︎堀田写真館 山中温泉)   20年を振り返れば、まさに様々な出来事がありましたが、正直、書き切れませんので可能な限り簡潔にまとめられればと思っています。...

Read more

“ムエタイの日”(虎の王といわれたタイ国王)

“ムエタイの日”(虎の王といわれたタイ国王)

2月6日は、タイ政府文化省が正式に制定した 『ムエタイの日』วันมวยไทยとなっています。 何故、2月6日なのか⁉︎ それは300年以上も前に実在した、スア王(=虎の王)と言われたアユタヤ王朝時代の王が、ムエタイの使い手であったことからになります。 プラチャオ・スア(虎の王) ソムデッ プラサンペット8世(1661-1708年) 現在、スア王が王位に就いた1702年2月6日を“ムエタイの日”として正式に制定しています。 ワットサイに鎮座するプラチャオ・スア。...

Read more